注文住宅のお役立ち情報がいっぱい!

一生の間に何度もあることじゃないので、注文住宅を計画する際にはとても慎重になります。
先に住宅を建てた友人に話を聞きに行ったり、セミナーに参加したり、本や雑誌をたくさん見る方も多いと思います。
中にはどこから手を付けたらいいかわからなくて、頭が混乱するような事態に陥る場合もあるようです。
そこで、度々話題になるポイントをいくつかご紹介したいと思います。
おしゃれなおうちに住みたい、という期待を盛り上げていきましょう。

おしゃれな注文住宅にしたいならこだわるべきポイント

おしゃれな注文住宅にしたいならこだわるべきポイント 注文住宅と言っても、敷地の販売元の都合で建築条件付きである場合もありますし、そもそも予算に上限を設けない人は滅多にいないのである程度の縛りは入ります。
何もかも自由に好きな材料と設備を設置できるようなことは滅多にありません。
しかし、そこに縛られていては楽しくありません。
おしゃれで自分の個性を出せる注文住宅を作るためのポイントは、自分のイメージをきちんと作り上げるところから始まります。
例えば、理想の住宅像を写真や実際に見学できる住宅展示場で構築してください。
最初に頭の中に家族で「こんな家に住みたい」というイメージが作ることができれば、あとは予算に合わせて相談していくことになります。
何より大切なのは施主さんのイメージなのですから、そこは自由に作っていきましょう。

注文住宅の家づくりで考慮しておきたいこととは?

注文住宅の家づくりで考慮しておきたいこととは? 注文住宅は自分や家族などの生活スタイル、要望を考慮した上で間取りを決めることが大切です。
この間取りを決めるときには動線を考えることも大切で毎日家の中で家事をする主婦さんが、どのような間取りであれば家事がしやすいのかシミュレーションを行うのがおすすめです。
例えば、キッチンから浴室の脱衣所に置いてある洗濯機に向かうとき、いくつかの部屋を通過しないと行くことができない、これは家事動線としてよいものではありません。
何度も往復するような家事作業はスムーズに動けることが家事を楽にしてくれるわけです。
注文住宅で家をつくるときに現在のライフスタイルを考えた間取りにする人は多いかと思われますが、ライフスタイルは生涯同じものではなくお子さんが成長すれば変化して来ます。
子供たちが成長して家を出る日が訪れる、このようなときに家をリフォームできれば2人暮らしのマイホームでも快適な生活を送ることができるようになります。
最近は、将来は2階の部屋を使わないので最初から平屋の注文住宅をつくる人もいるのですが、2階建ての住宅でも将来ライフスタイルが変わっても簡単にリフォームやリノベーションができるなど変化に適応できるようにしておくことも大切です。

注文住宅はライフスタイルに適したものにすることが大事

これから注文住宅を購入しようと検討している方がいるかと思われます。建売住宅という選択肢もありますが、自分たちの自由な家にすることができるため、賢明な選択だと評価できます。人生で1番高い買い物になるので、納得した家を購入するべきです。そこで、注文住宅を購入する際のアドバイスがあります。それは何かというと、ライフスタイルに適した家にすることです。
デザインや最新の設備を重要視している方がいますが、生活していて不便だと感じる箇所ができるだけないようにすることが求められます。例えば、親と一緒に住むのであれば、将来のことを考えてバリアフリー設計にするべきです。子供が多いのであれば、一般的な家より部屋数を多くした方がいいです。このように自分たちがどういう生活をしていくかをよく考えて、注文住宅を購入することが大事です。長く生活していくわけなので、多少費用が高くなったとしても、安心して生活できる家を購入しないと、後悔することになる可能性が高いです。

注文住宅は家事の仕方にも良い影響が生まれることがある

家に住むということは、そこで生活をしていくことになります。すでにある家を選んだ場合、その家の形に合わせて暮らしを作り上げていくことになります。特に毎日の家事ではその影響は大きなものとなるのです。
ちょっと自分のやり方と違うとなると、違和感を感じたり、手際が悪くなってしまうこともあります。一つ一つの動作はちょっとした時間や労力であっても、それが毎日のこととして積みあがっていくことになると、大きな悪影響が生まれてしまうのです。そこで考えたいのが注文住宅で自分たちの暮らしに合った形に仕上げていくことです。細かいところを自分たちで決めていくことができるので、今までの暮らしで不便に思っていたことなどを解決していくことができるようになります。家は一生の暮らしを左右していく重要なポイントとなりますから、ぜひ妥協をせずに注文住宅の形を決めていくようにしましょう。モデルハウスなどを実際に見に行って、大きさや使い勝手をチェックしてみるのもおすすめです。

注文住宅の各種構造と、それぞれのメリットデメリット

日本の注文住宅の構造は大きく3つ「木造」「鉄筋コンクリート構造」「鉄骨造」に分けられます。
木造は、日本の注文住宅の半分以上を占めます。木材自体の調達費用の安さと、木材は鉄骨等に比べて軽いため、基礎工事に時間がかからない、といった特性から、建築コストを安く抑えられるというメリットがあります。デザインを比較的自由に決められる、という点も魅了です。ただ、鉄骨等にくらべ耐久性に劣るというデメリットがあります。鉄筋コンクリートの住宅とは、鉄筋を芯とするコンクリートを用いて建てられた住宅のことです。高い耐久性と耐火性、遮音性をもつ点がメリットです。ただ、コンクリートは熱伝導性が高いため、夏は冷房で蓄えた冷気が逃げやすく、冬はその逆が起こるというデメリットがあります。
鉄骨造は、利用する鉄骨の厚みが6mm以上であれば重量鉄骨造、未満であれば軽量鉄骨造に分類されます。耐久性の高さはさることながら、柱や梁の本数を少なくすることができるため、間取りやデザインの自由度が高い点がメリットです。鉄骨自体が高いこと、重い鉄骨にも耐えうる基礎工事を行う必要があることから、建築コストが高くなるというデメリットがあります。

注文住宅の夢をかなえるなら家族の意見も聞く

マイホームを持つのが夢で、そして購入するのであれば注文住宅がいいと夢を持つ人は少なくないものです。ですが注文住宅で実現させたい希望というのは夫婦それぞれで異なる場合も多いですし、子供がいれば子供もそれぞれ希望をもっていることもあるものです。ですから計画の段階で家族内で色々揉めてしまわないように、意見をまとめておくようにもしましょう。
家族一人一人譲れない希望を聞いて、それらをうまく取り入れた家にしていくと家族みんなが満足できる仕上がりにもなるでしょう。計画の段階で誰かがすべて我慢しなければいけないような家だと、実際に住むようになってからも楽しくないものです。また、予算の関係で削らなければいけない部分が出て来るようであれば、間取りを変えるのも一つの良い方法です。部屋を少なくしたり吹き抜けのスペースを作ることによってその分の費用も削ることができるので、その分をデザインのほうに回すようにしても良いでしょう。

注文住宅にかかる不動産取得税

注文住宅には不動産取得税がかかります。不動産取得税は、地方税で不動産を取得した時のみ納める税金で、固定資産評価基準によって定められた土地や建物の価格に税率をかけた金額を納税します。納める納税額の計算方法は、固定資産税評価額×4%で、納付するのは地方税なので税務署ではなく県税事務所になります。
課税される時期は、住んでいる地域によって異なる場合がありますが、不動産登記から約半年から1年までの間に納付書が各都道府県から送付されます。注文住宅は軽減措置が適用されるのですが、建物の納税よりも土地の納税通知書が先にくるため注意が必要です。納税通知書の納税額が高額になっていますが、まずは県税事務所に連絡することが大切です。県税事務所に連絡すると軽減措置が適用できるまで待ってくれるため、通知書がきた場合は県税事務所に連絡しましょう。
軽減措置を受けるためには、床面積50平米以上240平米以下、取得者の居住用住宅である、土地を取得してから3年以内に建物を新築という条件を満たす必要がありますが、一般的な住宅であれば床面積50平米を超えることが殆どなので軽減措置の条件を満たす場合が多いです。注文住宅を検討する場合には納税する不動産の税金も事前に考えておくと良いでしょう。

●注文住宅をお考えの方へおすすめのリンクです●

注文住宅 海老名

新着情報

◎2022/4/15

情報を追加しました。


>注文住宅はライフスタイルに適したものにすることが大事
>注文住宅は家事の仕方にも良い影響が生まれることがある
>注文住宅の各種構造と、それぞれのメリットデメリット
>注文住宅の夢をかなえるなら家族の意見も聞く
>注文住宅にかかる不動産取得税

◎2022/1/14

サイトを公開しました